中央銀行、金利の変更なし

トルコ共和国中央銀行金融政策委員会は、金利の変更を行わなかった。

中央銀行、金利の変更なし

 

エコノミストたちも予想したとおり、1週間物入札レポ金利政策金利は8パーセントに留まった。

金利コリドーの上限帯である翌日物貸出金利は9.25パーセント、下限帯である借入金利は7.25パーセントに据え置かれた。

後期流動性ウィンドウ貸出金利も変化はなかった。12.25パーセントに留められた。

決定では、最近発表されたデータが経済活動における回復力の向上を示していると明かされた。

インフレでも顕著な回復が確保されるまで金融引き締めが強化されるとのメッセージが伝えられた。

 

(2017年6月15日)


キーワード: 金利 , 中央銀行

注目ニュース