日本はトルコのトマトジュースを気に入った

日本は昨年(2017年)、トルコから輸出されたトマトジュースを10リットルごとに7リットルを購入した。

日本はトルコのトマトジュースを気に入った

 

 

ウルダー輸出業者組合から入手された情報によると、世界トップのトマト生産国であるトルコは、トマト製品の輸出においても大きな割合で外貨をもたらしている。

トルコから55か国にトマトジュースが輸出されている。

生のトマトの輸出が増加した2017年、トマトジュースの輸出も2016年に比べ72パーセント増加し、約3238トンに達した。

トマトジュースの輸出によってもたらされた外貨は、43パーセント増の152万3000ドル(日本の通貨で約1億6000万円)となった。

トマトジュースの輸出が増加した背景に日本からの需要の増加がある。

日本へのトマトジュースの輸出は、昨年(2017年)、輸出量は156パーセント増の約2291トン、輸出額は129パーセント増の94万7000ドル(日本の通貨で約1000万円)に達した。

トマトジュースの輸出は、日本に次いで、ホンコン(470トン)、カタール(63トン)、イギリス(57トン)が多かった。

昨年(2017年)、カタールに輸出されたトマトジュースの量は、非常に大きな増加を記録した。2016年に1.8トンだった輸出量は、2017年、35倍増の63トンとなった。

ブラジルへの輸出は2017年、2016年に比べ12倍増の12トンとなった。

 

 

 

(2018年2月19日月曜日)

 

 

 



注目ニュース