【写真ギャラリー】 日本の伝統的なファストフード「おにぎり」作り体験

おにぎり作り |

おにぎり作り

 

 

 

2017年12月9日、日本語・日本文化研究・応用センター(JADKAM)の1周年記念会議の後、トルコ国内の日本語教師を対象に、授業でできる文化体験の研修が行われた。文化体験のテーマには、日本の伝統的なファストフード「おにぎり」が選ばれ、おにぎりの達人の指導者の主導のもと、参加者全員が一丸となって、おにぎり作りにチャレンジした。

おにぎり作りが終了し、駅弁のはじまりは「おにぎり2個とたくあん」だったことが明かされた後、サプライズで現代の日本で一般的に食べられているお弁当についてのレクチャーが行われた。

おにぎりとお弁当の研修には、アンカラ駐在の日本国特命全権大使、宮島昭夫(みやじま あきお)大使も参加し、参加者たちを激励しながら、自らもおにぎり作りの技を披露した。

 

 

(2017年12月9日 文責: 浅野涼子)

 

 

 


キーワード: 宮島昭夫 , 日本語・日本文化研究・応用センター(JADKAM)