「トルコ外交政策へのまなざし」 第9回

深まる同盟:トルコとアゼルバイジャン

「トルコ外交政策へのまなざし」 第9回

アタテュルク大学国際関係学部ジェミル・ドアチ・イペク博士著

 

1992年1月14日にアゼルバイジャンとトルコの間で締結された「国交樹立に関する条約」から26年が過ぎました。トルコ共和国は、1991年8月30日に独立を宣言したアゼルバイジャン共和国を、1991年11月9日に承認した最初の国となりました。2010年には「戦略的共同相互支援条約」が締結されました。この条約は、二国関係を軍事同盟のレベルに引き上げました。条約の第2条は国連憲章の正当防衛権について定めた第51条にも言及し、トルコとアゼルバイジャンのどちらかが第三国または諸国の攻撃を受けたときに共同の安全防衛対策を講じることを強調しています。二国関係のさらなる強化に向けて、2010年に大統領級で「上級戦略共同協議会」の仕組みが設けられました。こうして軍事、政治、エネルギーその他の分野で二国関係は最高レベルに発展しました。

「戦略的共同相互支援条約」の非常に重要な条項は、第7条の内容です。それによれば、両国の軍の間で司令と軍構造における連携が図られています。これは、合同軍事作戦を行うことも可能にしています。そもそもここ数年間トルコとアゼルバイジャンは合同軍事演習を行っています。この軍事演習で合同作戦のキャパシティが戦術的・運用的なレベルで獲得されたことが見て取れます。また、戦略レベルに達することにも楽観的な認識があります。

トルコとアゼルバイジャンの軍事同盟を、トルコ防衛産業も確固として支援しています。この支援の最も重要な側面は、トルコが「国内製多銃身ロケット砲」システムをアゼルバイジャンに輸出したことです。サカリヤ・システムとカスルガ・システムは、アゼルバイジャン軍に大きな攻撃力をもたらしました。それは、2016年4月にアゼルバイジャンとアルメニアの間で起こった軍事衝突で垣間見られました。

アゼルバイジャンにとってナヒチェヴァンに展開している軍隊は非常に重要です。この部隊の訓練、物流支援、その他の重要なニーズは、トルコ軍の第三部隊が支援しています。2017年6月に5000人の兵士が参加して行われたトルコ・アゼルバイジャン・ナヒチェヴァン合同軍事演習も、この点における重要な進展でした。

カスピ海のエネルギー資源を世界の市場に提供することを視野に入れた「バクー・トビリシ・ジェイハン原油パイプライン」と「バクー・トビリシ・エルズルム天然ガスパイプライン」のプロジェクトの実現は、アゼルバイジャンとトルコの間の兄弟関係から戦略的共闘に向かう重要な一歩です。両国間の貿易量はおよそ50億ドル(約5336億円)です。両国の目標は、2023年の貿易量を150億ドル(約1兆6000億円)にすることです。今や世界的プロジェクトとなったTANAP(アナトリア横断天然ガスパイプラインプロジェクト)は迅速に進んでいます。TANAPが完全に実現するとともに、アゼルバイジャンとトルコの地位、そして地域の戦略的な重要性が、さらにずっと高まることになります。

相互への信頼と連帯をもとに形作られているトルコ・アゼルバイジャン関係は、国際プラットフォームでも続いています。両国は国連、欧州安全保障協力機構、欧州理事会、黒海経済協力機構、トルコ評議会、イスラム協力機構でも、良好な協力関係を見せています。

トルコとアゼルバイジャンの良好な関係を、何らかの国際関係の論理によって完全に明らかにすることは難しいです。アゼルバイジャンがトルコのように、オウズ・トルコ族であり、歴史的な過程でともに同じ土地に暮らしてきたことによる過去の蓄積、地理的な近さにより、トルコとアゼルバイジャンがより緊密な対話をすることは容易です。両国の首脳が就任した後に、もう一方の国を優先的に訪問するという伝統があります。

トルコ・アゼルバイジャン関係は、地域の安定や平和の構築を目指しています。両国の関係は、他国への脅威とはなっていません。トルコ・アゼルバイジャン関係は「戦略的協力」の概念にぴったりと当てはまります。両国の間で26年という短い期間に得られた成功や結束は、揺るぎない兄弟関係の指標です。

1921年10月14日にアゼルバイジャンのアンカラ代表、イブラヒム・アビロフ氏が信任状を提出した会議で、ムスタファ・ケマル・アタテュルクが「アゼルバイジャンの喜びは我々の喜びである。その悲しみは、我々の悲しみである。」と述べた言葉は、何十年も後にハイダル・アリエフ元大統領が「我々は1つの民族、2つの国家である」と述べた言葉により見返りを得ました。今日、トルコとアゼルバイジャンの関係は、トルコのレジェプ・ターイプ・エルドアン大統領とアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領の優れた意思と決意によって、さらに発展しています。



注目ニュース