【パレスチナ】 アメリカに抗議運動

アメリカが(一部の国や地域では「エルサレム」と呼ばれている)クドゥスを「イスラエルの首都」として認定し、パレスチナに対する支援を保留する方向で下した決定が、ガザで抗議された。

【パレスチナ】 アメリカに抗議運動

 

パレスチナ解放機構(PLO)に属す「難民人民委員会」が主催した抗議運動では、アメリカの決定に反発を示すプラカードが掲げられた。

同委員会のアトゥフ・エブ・ハマデ委員長は、

「人民委員会は、アメリカのクドゥスに関する決定と国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の決定を認めない。これらの決定は、パレスチナ問題の根本的な不変さを標的にしていると考えている」と述べた。

エブ・ハマデ委員長は、アメリカと国連パレスチナ難民救済事業機関が決定によって脅迫し、パレスチナ人に政治的解決を強制しようとしていると語った。

 

(2018年2月13日)



注目ニュース