【シリア】 ジェラブルスで爆弾攻撃が阻止

トルコ軍のユーフラテス川盾作戦によってテロから一掃されたシリア北部にあるジェラブルスで、分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織PYDまたはYPGによる爆弾攻撃が阻止された。

【シリア】 ジェラブルスで爆弾攻撃が阻止

 

テロから一掃されたあとに治安活動の枠組みでトルコが教育した警察によって行われた捜査で、ジェラブルス病院の前で爆弾を搭載したバイクが押収された。

ジェラブルス警察当局は、警察官の介入によって処理された爆弾を搭載したバイクはテロ組織PYDまたはYPGのものであると発表した。

行われた通報の結果、容疑者は捕まり、容疑者が所持していた袋の中にリモコンが確認されたと明かされた。

捕まった容疑者はテロ組織PKKとつながりがあると明かした当局者は、容疑者がトルコのミュンビチ(マンビジ)への進軍を妨害することを狙って爆弾攻撃を行うことを計画していたことが確認されたと述べた。

トルコ軍が支援する自由シリア軍は、2016年8月24日にトルコ国境にあるアレッポ県ジェラブルス区をテロ組織DEASH(ISIL)から奪還している。

 

(2018年6月22日)



注目ニュース