トルコ人科学者、肝移植の新技術を開発・適用

トルコの科学者によって、生体移植による肝臓移植手術における世界初の新技術が開発され、2人の患者に適用された結果が世界肝移植議会で共有された。

トルコ人科学者、肝移植の新技術を開発・適用

新技術による手術で体に血を送る大静脈がバイパスされ、患者の肝臓が肝動脈と一緒に体外に出された。

肝臓から体外に分離された肝動脈は、ドナーからの新しい肝臓に植えつけられ、患者に移植された。

「世界肝移植議会」は、国際肝移植学会によりプラハで行われた。

同学会の42歳以下の若い外科医を含むバンガード委員会のトルコ人会員で、アンカラ大学医学部のデニズ・バルジュ准教授は、新技術のおかげで患者が多量出血や心臓発作を起こすリスクが阻止されると述べた。

バルジュ准教授は、成功に終わった手術の映像と技術の科学的特徴が、世界肝移植議会で、医学界により共有されたと伝えた。

前向きなフィードバックが行われたと強調したバルジュ准教授は、このことはトルコとトルコの科学者が、医学においてどれほど進歩しているかの重要な指標の1つだと注意を促した。

 

(2017年5月27日)


キーワード: 肝移植 , トルコ人科学者

注目ニュース