外務省、北キプロス・トルコ共和国の建国者デンクタシュ元大統領を追悼

外務省は、北キプロス・トルコ共和国(KKTC)の建国者ラウフ・ライフ・デンクタシュ元大統領の没後6回忌にちなんでメッセージを発した。

外務省、北キプロス・トルコ共和国の建国者デンクタシュ元大統領を追悼

外務省は、デンクタシュ元大統領があらゆる困難を乗り越えるにおいて優れたリーダーシップを発揮しており、人々の心と歴史にいつまでも残ると伝えた。

発信されたメッセージで、その生涯をキプロス・トルコ人の存在を守るための誇り高い戦いに捧げたデンクタシュ元大統領が、キプロス・トルコ人の権利、平等、自由のための闘争を、祖国トルコと思想と心を一致させ、深い洞察力と献身をもって行ったことが伝えられた。

メッセージでは、

「キプロス・トルコ人が権利を守るためにラウフ・デンクタシュ元大統領の意志を継いで続けている決然とした戦いが、キプロス島を地域における和平、安定、繁栄に変えるための手段となると信じ、故デンクタシュ元大統領の親愛なる記憶の前に、今一度敬意と感謝を表する。」とも伝えられた。

 

(2018年1月13日)



注目ニュース