ユルドゥルム首相、アメリカのマティス国防長官の発言に反発

ビナリ・ユルドゥルム首相が、アメリカジェームズ・マティス国防長官の「YPGをPKKに対し戦わせることができる」という発言に反発した。

ユルドゥルム首相、アメリカのマティス国防長官の発言に反発

ユルドゥルム首相は、「アメリカの関係者たちは、我々が何もわかっていないと思い込んでいるか、自分が何をしているかわかっていないのだ。」と語った。

ユルドゥルム首相は、ドイツで記者団に対し時事問題に関する見解を述べた。

ユルドゥルム首相に対し、マティス長官の「YPGをPKKに対し戦わせることができる」という発言についての質問が上がった。

ユルドゥルム首相は、マティス長官の発言を批判し、アメリカ政府に呼びかけた。

アメリカの関係者がお互いに足並みを揃えていないと強調したユルドゥルム首相は、「アメリカの情報委員会は『このYPGはPKKのシリア分派だ』と言っている。マティス長官は『YPGとPKKを戦わせる』と言っている。おそらく、我々が何もわかっていないと思い込んでいるか、自分が何をしているのかわかっていないのだ」と話した。

 

(2018年2月17日)



注目ニュース