トルコ・日本「花咲か協力」 建設事業分野における合意に署名

日本を訪問中のトルコ共和国経済省のニハト・ゼイベクジ大臣が3月12日、日本と建設事業分野における合意文書に署名した。

トルコ・日本「花咲か協力」 建設事業分野における合意に署名

 

 

 

日本の首都、東京で開催されたトルコ・日本建設産業会議で演説をしたゼイベクジ大臣は、演説の後、国土交通省の石井啓一(いしい けいいち)大臣と「トルコと日本との間における第三国での建設事業における協力合意」に関する文書に署名した。

両大臣は、しばし会談もした。

 

 

ゼイベクジ大臣は、トルコ・日本建設産業会議で行った演説で、トルコ語で「キラズ・チチェイ」と呼ばれている「サクラ」の花の日本文化における重要性について触れ、「建設業部門におけるトルコと日本の協力は、第三国において『サクラ』と同じくらい素晴らしく、美しいものとなるだろう。今、『サクラ』のために必要な気候、季節、庭をつくることは我々の責務である」と発言している。

 

 

 

(2018年3月12日月曜日)

 

 

 



注目ニュース