【アメリカが脅迫】 トルコ、WTOへの提訴手続きを開始

トルコはアメリカとの間で発生した危機を解決するために、世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを開始した。

【アメリカが脅迫】 トルコ、WTOへの提訴手続きを開始

 


 

第10回大使会議の3日目、会議にチャウショール外務大臣と商業省のルフサル・ペキジャン大臣が招かれた。

 

会議で演説をしたチャウショール外務大臣は、アメリカとの間で発生している経済危機に言及した。

チャウショール外務大臣は、「このことを知っておいてもらいたい。この過程において、我々はすべきことはした。あらゆる面で建設的であった。しかし、向かい側にはこれがきちんとわかるような相手がいないこともわかった」と述べた。

トルコは危機を解決するための話し合いの場に着く用意ができていることを強く表明したチャウショール外務大臣は、「我々はあらゆることを話し合う用意はできているが、ひとつ条件がある。それは、脅迫や強制はないということだ。そして、もちろん制裁などという間違った手段にも出ないことである」と述べた。

 

 

 

商業省のペキジャン大臣は、アメリカに対し、世界貿易機関(WTO)の小委員会(パネル)への参加を要請したと述べた。ペキジャン大臣は、「アメリカに小委員会(パネル)への参加要請は届いた。これにより、世界貿易機関(WTO)への提訴手続きが開始されたことになる」と発言した。

 

 

 

(2018年8月16日木曜日)

 

 

 



注目ニュース