トルコ外務省、イランで発生したテロ攻撃を強く非難

トルコが、イランの都市アフヴァーズで行われたテロ攻撃を非難した。

トルコ外務省、イランで発生したテロ攻撃を強く非難

トルコ外務省から行われた書面発表で、イランの都市アフヴァーズで軍事式典が行われていた際にテロ攻撃が発生し、その結果多くの人々が死亡し負傷したことを、大きな悲しみとともに知ったことが伝えられ、「この忌むべきテロ攻撃を強く非難する。亡くなった人々に神の恵みを、負傷者の一刻も早い回復を願う。イラン国民と政府に心から哀悼の意を表す」と述べられた。

今朝(9月22日)、イラン・イラク戦争の第38周年記念日にちなんでフーゼスターン州の都市アフヴァーズで行われていた軍事式典に向けて武装攻撃が行われ、24人が死亡し、53人が負傷したことが発表されている。

 

(2018年9月22日)



注目ニュース